<< 楓 | main | ぬる燗 >>

一茶の句

今朝のお題は、

 

一茶の句、

これがまあ つひのすみかか雪五尺

 

 

 

 

 

 

長い漂泊の果てに、ようやく帰り住むこととなった
故郷である。しかし、いま眼前に見る五尺の雪、こ
の雪の中で自分のこれからの余生を過ごすのかと思
うと、芯の底から深いため息がわいてくる。

 

 

なにかもっと、意味があるのかと思っていたが

そのまんまでした。

夏にかえれば、またちがったんでしょうねー

 

 

 

 

 

 

 

昨晩の餃子

 

いつもは、焼き係ですが

飲み始めてしまったため

 

女房作

 

 

上手に焼けましたっ!!

 

 

 

 

 

 

https://www.instagram.com/yohsuke213/

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
冬柿の御軸
冬柿の揮毫による御軸と巻物です。最近の作品をご紹介します。詳しくはコチラ        
        
selected entries
categories
archives
recent comment
links
search this site.
others
mobile
qrcode